夫婦、友達、親子。この地球に生きる私達の日常は奇跡のような出会いとすれ違いの積み重ねでできている――

ぐるり 高橋久美子 新たな世界を予感させる19編 高橋久美子、初めての小説集。

ぐるり 高橋久美子 新たな世界を予感させる19編 高橋久美子、初めての小説集。

2021年4月16日発売/四六並製224ページ/
定価1540円(10%税込)/ISBN:978-4-480-80502-7
装丁 宇都宮三鈴 装画・挿絵 奈良美智
試し読みする
購入する

新たな世界を予感させる19編 高橋久美子、初めての小説集。

お知らせ

鳥の目線ではなく、もちろん神の目線でもなく、もしかしたら作家の目線でもない。
まるっきり人間の目線で、人間のすぐ隣にいながら、これを書いている。
── 西加奈子
「振り向いて」と本の中から聞こえたような気がした。
それは今まで気が付かなかった私自身の心の声だったのかもしれない。
── モモコグミカンパニー(BiSH)
著者 高橋久美子 手書きメッセージ

目次

柿泥棒 試し読み

ロンドン

蟻の王様

美しい人

自販機のモスキート、宇宙のビート板

逃げるが父 試し読み

猫の恩返し 試し読み

サトマリ

DJ久保田 #1

星の歌

白い地下足袋

私の狂想曲

指輪物語

卒業式

5000ドンと5000円

スミレ

私の彼方

四月の旅人

DJ久保田 #2

高橋久美子

高橋久美子(たかはし・くみこ)

作家・詩人・作詞家。1982年愛媛県生まれ。
詩、小説、エッセイ、絵本の執筆の他、様々なアーティストへの歌詞提供や翻訳など創作活動を続ける。
主な著書にエッセイ集『いっぴき』(ちくま文庫)、『旅を栖とす』(角川書店)、詩画集『今夜凶暴だからわたし』(ミシマ社)等。翻訳絵本『おかあさんはね』(マイクロマガジン社)は第9回ようちえん絵本大賞を受賞。
好評既刊!

ぐるり 高橋久美子

高橋久美子

いっぴき

初めてのエッセイ集に大幅な増補と書下ろしを加えて待望の文庫化。バンド脱退後、作家・作詞家としてのエッセンスを凝縮した一冊。【解説】橋本絵莉子

ちくま文庫/2018年6月9日発売/352頁/定価:814円(10%税込)/ISBN :978-4-480-43524-8

購入する いっぴきのあなたへ――
『いっぴき』(ちくま文庫)の刊行に際して
高橋久美子
高橋久美子『いっぴき』解説より
チャットモンチー 橋本絵莉子