哲学で何をするのか ─文化と私の「現実」から

貫 成人

世界を学び直すことを
学び直す!

哲学は、現実をとらえるための最高の道具である。私たちが一見自明に思っている「文化」のあり方、「私」の存在を徹底して問い直す。新しいタイプの哲学入門。

哲学で何をするのか ─文化と私の「現実」から
  • シリーズ:
  • 定価:本体1,700円+税
  • Cコード:0310
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2012/12/12
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-01560-0
  • JANコード:9784480015600
貫 成人
貫 成人

ヌキ シゲト

一九五六年神奈川県に生まれる。一九八五年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。現在、専修大学文学部教授。博士(文学)。著書に『哲学マップ』(ちくま新書)、『経験の構造──フッサール現象学の新しい全体像』『歴史の哲学──物語を超えて』(勁草書房)、『ニーチェ』『フーコー』(青灯社)など多数がある。

この本の内容

哲学は断じて浮世離れした学問などではない。これこそ、現実と切結び、それを新たなまなざしでとらえかえすための最高の道具なのだ。ニーチェの思想“パースペクティズム”を軸にして、私たちが一見自明に思っている「文化」のあり方、「わたし」の存在を徹底して問い直す。世界が生成する有様を描きながらも、なぜ多くの哲学が「絶対の罠」に取り込まれていったのかもあわせて論じる。新しいタイプの哲学入門書。

この本の目次

第1章 「文化」のさまざまな顔(文化の多様性
「文化」のさまざまな起源 ほか)
第2章 文化のなかの「わたし」(ファッション―他人による欲望
ねたみ ほか)
第3章 「わたし」と「システム」を生成する流れ(“流動的自己形成態”―第一の装置
“内生的絶対性”―第二の装置 ほか)
第4章 「絶対」の探究―ニーチェ以前の哲学(「自我」の哲学
「普遍的真理」 ほか)
第5章 “現実の哲学”(多様性・不確定性
大反転―意味の“本当の”起源 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可