百年と一日 柴崎友香

映画館、学校、島、アメリカの町、空港、銭湯などさまざまな場所で、人と人は人生のひとコマを共有し、別れ、別々の時間を生きる。

人間と時間の不思議がここにある。 作家生活20周年の新境地物語集。

遠くの見知らぬ誰かの生が、ふいに自分の生になる。そのぞくりとするような瞬間。――岸本佐知子(翻訳家)
言葉によって、ありありと時空がゆがんでいた。これは文学にしかできないことだ。――後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
試し読み

この星のどこかにあった、誰も知らない33の物語。

目次

一年一組一番と二組一番は、長雨の夏に渡り廊下のそばの植え込みできのこを発見し、
卒業して二年後に再会したあと、十年経って、二十年経って、まだ会えていない話

試し読みあり

角のたばこ屋は藤に覆われていて毎年見事な花が咲いたが、
よく見るとそれは二本の藤が絡まり合っていて、一つはある日家の前に置かれていたということを、
今は誰も知らない
逃げて入り江にたどり着いた男は少年と老人に助けられ、戦争が終わってからもその集落に住み続けたが、
ほとんど少年としか話さなかった

試し読みあり

〈娘の話 1〉
駅のコンコースに噴水があったころ、男は一日中そこにいて、パーカと呼ばれていて、
知らない女にいきなり怒られた
大根の穫れない町で暮らす大根が好きなわたしは大根の栽培を試み、
近所の人たちに大根料理をふるまうようになって、大根の物語を考えた
たまたま降りた駅で引っ越し先を決め、商店街の酒屋で働き、配達先の女と知り合い、
女がいなくなって引っ越し、別の町に住み着いた男の話
小さな駅の近くの小さな家の前で、学校をさぼった中学生が三人、駅のほうを眺めていて、十年が経った
〈ファミリーツリー 1〉
ラーメン屋「未来軒」は、長い間そこにあって、その間に周囲の店がなくなったり、
マンションが建ったりして、人が去り、人がやってきた
戦争が始まった報せをラジオで知った女のところに、親戚の女と子どもが避難してきていっしょに暮らし、
戦争が終わって街へ帰っていき、内戦が始まった
埠頭からいくつも行き交っていた大型フェリーはすべて廃止になり、
ターミナルは放置されて長い時間が経ったが、一人の裕福な投資家がリゾートホテルを建て、
たくさんの人たちが宇宙へ行く新型航空機を眺めた
銭湯を営む家の男たちは皆「正」という漢字が名前につけられていて
それを誰がいつ決めたのか誰も知らなかった
〈娘の話 2〉
二人は毎月名画座に通い、映画館に行く前には必ず近くのラーメン屋でラーメンと餃子とチャーハンを食べ、あるとき映画の中に一人とそっくりな人物が映っているのを観た
二階の窓から土手が眺められた川は台風の影響で増水して決壊しそうになったが、
その家ができたころにはあたりには田畑しかなく、もっと昔には人間も来なかった
「セカンドハンド」というストレートな名前の中古品店で、アビーは日本語の漫画と小説を見つけ、
日本語が読める同級生に見せたら小説の最後のページにあるメモ書きはラブレターだと言われた
アパート一階の住人は暮らし始めて二年経って毎日同じ時間に路地を通る猫に気がつき、
行く先を追ってみると、猫が入っていった空き家は、住人が引っ越して来た頃にはまだ空き家ではなかった
〈ファミリーツリー 2〉
水島は交通事故に遭い、しばらく入院していたが後遺症もなく、事故の記憶も薄れかけてきた七年後に
出張先の東京で、事故を起こした車を運転していた横田を見かけた
商店街のメニュー図解を並べた古びた喫茶店は、店主が学生時代に通ったジャズ喫茶を理想として開店し、
三十年近く営業して閉店した
兄弟は仲がいいと言われて育ち、兄は勉強をするために街を出て、弟はギターを弾き始めて有名になり、
兄は居酒屋のテレビで弟を見た
屋上にある部屋を探して住んだ山本は、また別の屋上やバルコニーの広い部屋に移り住み、
また別の部屋に移り、女がいたこともあったし、隣人と話したこともあった
〈娘の話 3〉
国際空港には出発を待つ女学生たちがいて、子供を連れた夫婦がいて、父親に見送られる娘がいて、
国際空港になる前にもそこから飛行機で飛び立った男がいた
バスに乗って砂漠に行った姉は携帯が通じたので砂漠の写真を妹に送り、妹は以前訪れた砂漠のことを考えた
雪が積もらない町にある日大雪が降り続き、家を抜け出した子供は公園で黒い犬を見かけ、
その直後に同級生から名前を呼ばれた
地下街にはたいてい噴水が数多くあり、その地下の噴水広場は待ち合わせ場所で、
何十年前も、数年後も、誰かが誰かを待っていた
〈ファミリーツリー 3〉
近藤はテレビばかり見ていて、テレビで宇宙飛行士を見て宇宙飛行士になることにして、月へ行った
初めて列車が走ったとき、祖母の祖父は羊を飼っていて、彼の妻は毛糸を紡いでいて、
ある日からようやく話をするようになった
雑居ビルの一階には小さな店がいくつも入っていて、
いちばん奥でカフェを始めた女は占い師に輝かしい未来を予言された
解体する建物の奥に何十年も手つかずのままの部屋があり、
そこに残されていた誰かの原稿を売りに行ったが金にはならなかった

お知らせ

柴崎友香

写真:船寄剛

柴崎友香(しばさき・ともか)

1973年大阪生まれ。2000年に第一作『きょうのできごと』を上梓(2004年に映画化)。2007年に『その街の今は』で藝術選奨文部科学大臣新人賞、織田作之助賞大賞、咲くやこの花賞、2010年に『寝ても覚めても』で野間文芸新人賞(2018年に映画化)、2014年『春の庭』で芥川賞を受賞。他の小説作品に『待ち遠しい』『千の扉』『公園へ行かないか? 火曜日に』『パノララ』『わたしがいなかった街で』『ビリジアン』『虹色と幸運』、エッセイに『よう知らんけど日記』『よそ見津々』など著書多数。

百年と一日 柴崎友香

柴崎友香

百年と一日

大根のない町で大根を育て大根の物語を考える人、屋上にある部屋ばかり探して住む男、周囲の開発がつづいても残り続ける「未来軒」というラーメン屋、大型フェリーの発着がなくなり打ち捨てられた後リゾートホテルが建った埠頭で宇宙へ行く新型航空機を眺める人々……時間と人と場所を新しい感覚で描く物語集。

四六上製/192頁/ISBN:978-4-480-81556-9/本体1400円+税
装丁:名久井直子

購入する 試し読み