筑摩書房

現政権にとってだけでなく、現在の思想の枠組みにとっても破壊的な提言を行いました。

コトバで作られた爆弾です。

加藤典洋

戦後入門 加藤典洋著

九条の強化・改定で戦後を終わらせる!

「はじめに」試し読み公開中!

戦後入門 加藤典洋 著

加藤典洋が“戦後脱出”への道筋を描く、渾身の640ページ!

戦後入門 加藤典洋 著

JANコード 9784480068569 本体 1,400 円+税 ちくま新書

わたしたちよ、これでいいのか?

日本はなぜ「戦後」を終わらせられないのか。その核心にある「対米従属」「ねじれ」の問題の起源を世界戦争に探り、平和憲法の大胆な書き替えによる打開案を示す。

詳細を見る

目次

はじめに——戦後が剝げかかってきた

第一部  対米従属とねじれ

  • I
  • 対米従属——『アメリカの影』再訪
  • 1
  • 「対米従属」の後退
  • 2
  • 対米従属の内面化
  • 3
  • 江藤淳のジレンマ
  • II
  • ねじれ——『敗戦後論』再見
  • 1
  • 独立と「ねじれ」
  • 2
  • 戦争の死者とわれわれ
  • 3
  • 憲法と制定権力

第二部  世界戦争とは何か

  • I
  • 世界戦争の準備——第一次世界大戦
  • 1
  • 敗戦国の研究——『敗北の文化』
  • 2
  • 国際コミュニティの成立——
    レーニンとウィルソン
  • II
  • 世界戦争の完成——第二次世界大戦
  • 1
  • 認識上の落差
  • 2
  • 世界戦争の発明
  • 3
  • 「枢軸国」と「ファシズム」
  • III
  • 世界との距離——日本の「大義」
  • 1
  • 人種差別の撤廃——ヴェルサイユ会議
  • 2
  • 植民地の解放——大東亜会議
  • IV
  • 「戦後」の水源
  • 1
  • 戦争モデルの再成形
  • 2
  • 劣化と修復

第三部  原子爆弾と戦後の起源

  • I
  • 理念から大義へ
  • 1
  • 原爆の使用と無条件降伏
  • 2
  • 「理念」からの呼びかけ
  • II
  • 原爆を投下すること
  • 1
  • 声明について
  • 2
  • 投下と「回心」
  • 3
  • 批判から「神話」へ
  • III
  • 原爆を投下されること
  • 1
  • 無条件降伏と抵抗
  • 2
  • 沈黙とことば
  • 3
  • 批判が孤立するわけ
  • 4
  • ただの人の立場

第四部  戦後日本の構造

  • I
  • 敗戦後日本の成立
  • 1
  • 平和憲法と戦争体験
  • 2
  • 憲法九条をささえた三つの力源
  • II
  • 戦後型の顕教・密教システム
  • 1
  • 吉田ドクトリンと戦後の顕教・密教システム
  • 2
  • 顕彰、批判、再評価
  • 3
  • システムの崩壊と政治のð解凍?

第五部  ではどうすればよいのか——私の九条強化案

  • I
  • 憲法九条と国連中心主義
  • 1
  • 占領の終わりと基地撤廃の主張
  • 2
  • 憲法九条と国連
  • 3
  • 国連中心外交——
    R・ドーアの贈り物(1)
  • 4
  • 「誇り」について
  • 5
  • 自衛権の問題
  • II
  • 核の廃絶と非核条項
  • 1
  • 核管理、国連、NPT
  • 2
  • 「核のない世界」とは何か
  • 3
  • 「核抑止」と「核廃絶」
  • 4
  • 新「核兵器管理」体制——
    R・ドーアの贈り物(2)
  • III
  • 対米独立と基地撤廃条項
  • 1
  • なぜ基地撤去が必要か
  • 2
  • なぜ護憲では不十分なのか
  • 3
  • フィリピン・モデルとその教訓
  • 4
  • 基地撤廃条項と矢部方式

おわりに——新しい戦後へ 注 引用文献 あとがき