写真:岸政彦

岸政彦監修 『東京の生活史』プロジェクトのお知らせ

2020年7月、
岸政彦さん監修によるプロジェクト『東京の生活史』をはじめます。

これは、東京にいるひと/いたひとの人生についての
大きなインタビュー集をつくるという企画で、
2021年の刊行をめざしています。

今後は、何かありましたらホームページでお知らせいたします。

どうぞ、楽しみにお待ちくだされば幸いです。

――筑摩書房編集部

 それまでも何度か東京には遊びに行っていましたが、18歳の受験のときにはじめてひとりで東京を訪れたときのことが忘れられません。どこだったか場所も忘れた、小さな安いビジネスホテルの部屋で、真夜中に窓を開けると、星空のような街の水平線に新宿の高層ビルの灯りがきらきらと瞬いていました。
 よく、東京にはリアリティがないとか、虚構の街だとか、記号の海だとか、そういう気取った言い方があります。でも、この歳になってもいまだに、東京を訪れるたびに感じるのは、その実在感です。ああ、東京タワーって、ほんとにあったんだ。新宿アルタって、ほんとにあるんだ。渋谷のスクランブル交差点って、実在するんだ。
 有名なところだけでなく、小さな商店街の一本裏の、小さな家やアパートが並ぶ路地も、たしかにそこに実在する東京です。
 記号やバーチャルではない、実在する東京。ほんとうにそこにある、ただの、普通の東京。
 もちろんその全貌を、一挙に理解することはできません。でも、私たちはすくなくとも、たまたま出会ったその小さな欠片を切り取って、手のひらの上に並べることはできます。

 『東京の生活史』いよいよ正式にスタートします。これは、私自身が監修し、一般から公募した「聞き手」によって集められた「東京出身のひと」「東京在住のひと」「東京にやってきたひと」などの膨大な生活史を、ただ並べるだけの本です。解説も、説明もありません。ただそこには、人びとの人生の語りがあるだけの本になります。目標は80人から100人、二段組でおよそ800から1000ページ(!)を予定しています。

 本書の趣旨・コンセプト・意義について、説明会と面談をおこないます(日程や形式は未定)。まずはお気軽に、下記事務局までご連絡ください。ご質問なども歓迎します。経費や印税などの実務的なことについてもご説明する予定です。
 説明会と面談のあと、インタビュー調査の理論・方法・倫理などについて、がっつり「研修」をおこないます(こちらも日程は未定です)。なお、制作上の都合で、応募された方全員にお願いできないかもしれませんが、どうかご理解ください。

 みなさまからのご応募、楽しみにお待ちしています。

岸政彦
募集要項
締切 2020年7月20日
資格・所属などは一切問いません。

「真面目に、静かに、謙虚に、他者の語りに耳を傾けることができる方」を
募集します。
(事前に拙著『街の人生』を読んでおいていただけるとうれしいです)
必要事項
氏名・略歴・業績(あれば)・メールアドレス
自己紹介と、このプロジェクトでどういう方からどういう話を聞きたいか、
ということを、簡単でも結構ですので、書き添えてください。
今回は「語り手」の方の公募はありません。
「語り手」については、「聞き手」の方ご自身に選んでいただきます。
応募・問い合わせ
『東京の生活史』プロジェクト事務局
柴山浩紀(筑摩書房編集部)
shibayamah@chikumashobo.co.jp
本件へのお問い合わせはメールのみの対応とさせていただきます。
電話・FAXなどには対応いたしません。
また、応募の結果に関するお問い合わせはご遠慮ください。

プロジェクト責任者

岸政彦(きし・まさひこ)

1967年生まれ。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。社会学。専門は沖縄、生活史、社会調査方法論。主な著作に『同化と他者化──戦後沖縄の本土就職者たち』、『街の人生』、『断片的なものの社会学』(紀伊國屋じんぶん大賞2016受賞)、『質的社会調査の方法──他者の合理性の理解社会学』、『ビニール傘』(第156回芥川賞候補、第30回三島賞候補)、『はじめての沖縄』、『マンゴーと手榴弾』、『図書室』(第32回三島賞候補)など。