筑摩叢書  5 正法眼蔵随聞記

水野 弥穂子

『随聞記』は、道元の侍者をつとめた懐奘が、師の折りにふれての教えを書き記したもので、深い思想が平易に語られている。対訳に注を付す。解説=増谷文雄。

筑摩叢書  5 正法眼蔵随聞記
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体1,495円+税
  • Cコード:1015
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1963/05/30
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:304
  • ISBN:4-480-01005-X
  • JANコード:9784480010056

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可