筑摩叢書316 先哲の学問

内藤 湖南

闇斎、白石、履軒、蟠桃、稲川など、日本近世の独創的学者十人を論じた講演集。文献批判の上に学問の客観性を発展させた 先哲 の学問を説く内藤史学入門書。

筑摩叢書316 先哲の学問
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体1,699円+税
  • Cコード:0020
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1987/09/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:264
  • ISBN:4-480-01316-4
  • JANコード:9784480013163
内藤 湖南
内藤 湖南

ナイトウ コナン

慶応2(1866)―昭和9(1934)年。本名、内藤虎次郎。東洋史学者。秋田県生まれ。秋田師範学校高等師範科卒業後、小学校訓導となるが、二年後上京。「明教新誌」「三河新聞」「日本人」「亜細亜」などの記者を経て「大阪朝日新聞」主筆となる。この間中国問題の研究を重ねる。明治40年、京都帝国大学史学科創設の際に招かれ、東洋史学講座を担当、のち教授。博学で著書多く、主著に『近世文学史論』『東洋文化史研究』『日本文化史研究』『支那史学史』などがある。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可