筑摩叢書349 ぼく自身あるいは困難な存在

ジャン・コクトー

世を去った親しい友人たち――ラディゲ、サティ、プルースト、ディアギレフらについての的確かつ魅力的な人物論をちりばめた回想とエスプリあふれる批評エッセイ。

筑摩叢書349 ぼく自身あるいは困難な存在
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体1,903円+税
  • Cコード:0398
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1991/02/28
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:296
  • ISBN:4-480-01349-0
  • JANコード:9784480013491

この本の内容

この本を執筆した当時、コクトーはすでに五十七歳だった。第二次大戦が終結して間もない、占領下の陰惨な記憶も鮮やかな時点で、その多くは世を去った親しい友人たち―ラディゲ、サティ、プルースト、ディアギレフらを回想する的確かつ魅力的な人物論がちりばめられ、エスプリにみちたコクトーの姿と透徹した芸術観が浮かびあがってくる。

この本の目次

会話について
ぼくの幼年時代について
ぼくの文体について
仕事について、また伝説について
レイモン・ラディゲについて
ぼくの身体について
ぼくのさまざまの逃亡について
フランスについて
演劇について
ディアギレフについて、またニジンスキーについて
映画における驚異について
友情について
夢について
読書について
尺度について
幽霊屋敷について
苦しみについて
死について
軽薄ということについて
パレ=ロワイヤルについて
魂の操舵について
ギョーム・アポリネールについて
笑いについて
存在なしに存在することについて
言葉について
若者たちについて
美について
さまざまの風俗について
線について
ある無言劇について
責任について

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可