日米「核密約」の全貌

太田 昌克

いま、明かされる
巨大な闇の真実!

日米核密約…。長らくその真相は闇に包まれてきた。それはなぜ、いかにして取り結ばれたのか。日米双方の関係者百人以上に取材し、その全貌を明らかにする。

日米「核密約」の全貌
  • シリーズ:
  • 定価:本体1,800円+税
  • Cコード:0321
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2011/11/14
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:384
  • ISBN:978-4-480-01531-0
  • JANコード:9784480015310
太田 昌克
太田 昌克

オオタ マサカツ

一九六八年生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、政策研究大学院大学博士課程修了、博士(政策研究)。九二年に共同通信社入社、広島支局、大阪社会部、高松支局、外信部、政治部、ワシントン支局を経て二〇〇九年から編集委員(論説委員兼務)。二〇〇六年度ボーン・上田記念国際記者賞、第一五回平和・共同ジャーナリスト基金賞(二〇〇九年)を受賞。著書に『731免責の系譜』『盟約の闇』(以上、日本評論社)、『アトミック・ゴースト』(講談社)など。編著に『「核の今」がわかる本』(講談社+α新書)。

この本の内容

深い闇に包まれてきた日米「核密約」―。その存在が指摘されながらも自民党政権は一貫してこれを否定してきた。唯一の被爆国であるにもかかわらず、なぜ日本政府は国民を欺いてまで、米国による核の持ち込みを黙認してきたのか?民主党政権による日米密約調査の引き金を引いたジャーナリストが、日米双方の関係者一〇〇人以上の証言と、膨大な数に上る一次資料を駆使し、その真実に迫る。密約解明の決定版。今なお米国の「核の傘」の下にあるわが国の、将来の安全保障を考える上でも必読の書である。

この本の目次

第1章 なぜ今、「核の傘」、そして「核密約」なのか(「核の傘」をめぐる謎
「核密約」を日米双方の視座からあぶり出す
議論の進め方)
第2章 「核の傘」はいかにして築かれたか(幻の日本核配備構想
沖縄の戦略的役割
在日米軍基地の核戦略上の意義と役割
全面核戦争計画と日本
抑止力としての核艦船寄港
米国にとっての「核密約」
対日封じ込めのための「傘」
本章のまとめ)
第3章 日米密約と「非核」の内実(日本にとっての「核密約」
継承された「核密約」
「核の傘」宣言政策化
「非核政策」の形成
小笠原変換と新たな秘密合意
先例となった「小笠原核密約」
「沖縄核密約」の深層
本章のまとめ)
第4章 「核なき世界」への道標(主要な問いへの「解」
「核の傘」の問題点と「同盟管理政策」としての密約
「第二次核時代」への提言)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可