グローバル化と中小企業

中沢 孝夫

いまこそ
「一歩踏み出す」
勇気を!

企業の海外進出は本当に国内産業を空洞化させるのか。圧倒的な開発力と技術力を携え東アジア諸国へ進出した中小企業から、グローバル化の実態と要件を検証する。

グローバル化と中小企業
  • シリーズ:
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0334
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2012/01/16
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-01535-8
  • JANコード:9784480015358
中沢 孝夫
中沢 孝夫

ナカザワ タカオ

福山大学経済学部教授。経営研究所シニアフェローを兼任。兵庫県立大学教授を経て2008年から福井県立大学教授。2014年4月から現職。専門は「ものづくり論」「中小企業論」「地域経済論」。1944年生まれ。高校を卒業後、郵便局勤務から全逓本部を経て、45歳のとき立教大学法学部に入学。1993年に同校卒業。1100社(そのうち100社は海外)の聞き取り調査をおこなっており、ミクロな領域を専門とする。主な著書に『グローバル化と中小企業』(筑摩選書)、『中小企業は進化する』(岩波書店)、『就活のまえに』(ちくまプリマー新書)、『すごい製造業』(朝日新書)、『中小企業新時代』(岩波新書)、『グローバル化と日本のものづくり』(藤本隆宏と共編著、放送大学テキスト)など。

この本の内容

景気の低迷や超円高により、いまや中小企業もグローバル化を生き延びようと海外への進出を加速している。企業の海外進出が進むと日本は空洞化する、という危機論が必ず出てくる。だが、それは本当だろうか。日本の製造業は、規模の大小を問わず、代替のきかない開発力と技術力の優位性で、国内競争を勝ち抜いてきた。それは海外でも同様で、海外進出した企業ほど、国内でも成長している。本書は東アジア諸国への進出を果たした中小企業の現場をレポートし、グローバル化に真に必要な要件を検証する。

この本の目次

第1章 海外進出に必要なこと―グローバル化の最前線から
第2章 競争力の強化とビジネスチャンスの追求
第3章 「産業空洞化論」のウソ―東アジアと日本の中小企業
第4章 「脱工業化社会論」批判
第5章 人はどのように育つか
第6章 ブランド化する地場産業
第7章 中小企業の未来へ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可