明治への視点 ─『明治文學全集』月報より

筑摩書房編集部 編集

昭和から見た明治。
多士済々の執筆者が描く、
時代のたたずまい、思想の風景

明治の文学遺産を網羅した『明治文學全集』月報所収の随筆を集める。当代一流の執筆者たちが、時代の佇まい、作家の面影を自在に綴り、「明治」を立体的に描き出す。

明治への視点 ─『明治文學全集』月報より
  • シリーズ:
  • 定価:本体2,000円+税
  • Cコード:0321
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2013/04/15
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:512
  • ISBN:978-4-480-01569-3
  • JANコード:9784480015693

この本の内容

明治年間の文学遺産を多分野に亘って網羅し、全集出版の歴史に残る『明治文學全集』。その月報所収の随筆を集める。当代一流の執筆者たちが、時代のたたずまい、作家の面影、思想の風景を自在に綴り、「明治」を立体的に描き出す。本書自体が一級資料となる一冊。

この本の目次

「恩賜的と恢復的」(大江健三郎)
「忘れられた一つの流れ」(村松剛)
「明治の様式」(江藤淳)
「明治を思う」(会田雄次)
「進化論の衝撃」(佐伯彰一)
「明治と私」(高坂正堯)
「偉すぎるおじいさん」(山口瞳)
「明治初年のパリ」(中村光夫)
「ひらかれた文学」(篠田一士)
「立身出世主義」(荒正人)〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可