プライドの社会学 ─自己をデザインする夢

奥井 智之

希望は作り出せるか
プライド−−この厄介な生の
原動力をめぐる社会学的分析。

我々が抱く「プライド」とは、すぐれて社会的な事象なのではないか。「理想の自己」をデザインするとは何を意味するのか。10の主題を通して迫る。

プライドの社会学 ─自己をデザインする夢
  • シリーズ:
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0336
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2013/04/15
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-01571-6
  • JANコード:9784480015716
奥井 智之
奥井 智之

オクイ トモユキ

1958年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。亜細亜大学教授。著書に『プライドの社会学』(筑摩選書)など。

この本の内容

一般に、心理学の研究対象となっている「プライド」。しかしそれに、社会学的に接近することも可能ではないか。自分に「誇り」をもつことは、まさに自他=社会関係のなかで生起する出来事であるから。プライドをもって生きることは、たえず「理想の自己」をデザインすることに等しい。わたしたちにとってそれは、夢か、はたまた悪夢か。プライド―この厄介な生の原動力に、10の主題を通して迫る社会学の冒険。

この本の目次

第1章 自己―はじめに行動がある
第2章 家族―お前の母さんデベソ
第3章 地域―羊が人間を食い殺す
第4章 階級―どっちにしても負け
第5章 容姿―蓼食う虫も好き好き
第6章 学歴―エリートは周流する
第7章 教養―アクセスを遮断する
第8章 宗教―神のほかに神はなし
第9章 職業―初心を忘るべからず
第10章 国家―国の威光を観察する

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可