ヨーロッパ文明の正体 ─何が資本主義を駆動させたか

下田 淳

近代の歴史を方向づけた
「基盤」に迫る。

なぜヨーロッパが資本主義システムを駆動させ、暴走させるに至ったのか。その歴史的必然と条件とは何か。近代を方向づけたヨーロッパ文明なるものの根幹に迫る。

ヨーロッパ文明の正体 ─何が資本主義を駆動させたか
  • シリーズ:
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0320
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2013/05/13
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-01573-0
  • JANコード:9784480015730
下田 淳
下田 淳

シモダ ジュン

一九六〇年生まれ。東京都立大学助手を経て、現在、宇都宮大学教授。歴史家。著書に『ドイツ近世の聖性と権力』『歴史学「外」論』(以上青木書店)、『ドイツの民衆文化』(昭和堂)、『居酒屋の世界史』(講談社現代新書)などがある。

この本の内容

欧米の覇権が揺らいでいる。いま行き詰まっているのは資本主義なのか、民主主義なのか、国民国家というあり方なのか。それを問うために、いまこそヨーロッパ文明とは何だったかを見定めねばならない。そもそもなぜヨーロッパが近代以降の世界を制覇できたのか。経済体制、思想形態、政治制度は結果にすぎない。ヨーロッパ固有の何かが、全世界を席巻し得る契機となった何かが根幹にあるはずだ―。近代の歴史を動かした「論理」の基盤に迫る。

この本の目次

はじめに なぜ今ヨーロッパを問うのか
第1章 なぜユダヤ人は虐殺されなくてはならなかったのか
第2章 ヨーロッパの生態学的基盤とは何か
第3章 皇帝なき文明ヨーロッパ
第4章 なぜヨーロッパは世界を植民地化できたのか
第5章 科学技術が爆発的に発展した本当の理由
第6章 なぜヨーロッパに資本主義が生まれたのか
おわりに 日本に未来はあるか

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可