紅白歌合戦と日本人

太田 省一

それは「心のふるさと」だった

誰もが認める国民的番組、紅白歌合戦。今なお40%台の視聴率を誇るこの番組の変遷を、興味深い逸話を交えつつ論じ、日本人とは何かを浮き彫りにする渾身作!

紅白歌合戦と日本人
  • シリーズ:
  • 定価:本体1,700円+税
  • Cコード:0336
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2013/11/13
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-01586-0
  • JANコード:9784480015860
太田 省一
太田 省一

オオタ ショウイチ

一九六〇年、富山県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。社会学者。テレビ文化論が専門。著書として、マンザイブーム以降のテレビ的な笑いの変化を分析した『社会は笑う・増補版──ボケとツッコミの人間関係』(青弓社、二〇一三年)、一九七〇年代から現在までのアイドル、ファン、メディアの関係を跡づけた『アイドル進化論──南沙織から初音ミク、AKB48まで』(筑摩書房、二〇一一年)、編著書として『分析・現代社会──制度/身体/物語』(八千代出版、一九九七年)、『テレビだョ!全員集合──自作自演の1970年代』(長谷正人との共編、二〇〇七年)がある。

この本の内容

今なお、四〇パーセント台の視聴率を誇る、紅白歌合戦。「紅白」の歩みは、私たち日本人の歩みでもあった。美空ひばり、坂本九、山口百恵、都はるみ、SMAP、美輪明宏…。大晦日の夜、時代を彩る歌手が一堂に会し、その年のヒット曲を、懐かしの歌を、心に残る名曲を歌い上げる。時代とともにそのあり方を変えながら、国民的テレビ番組であり続ける「紅白」に、私たち日本人は何を求めてきたのか。今日に至るまでの「紅白」の歴史をたどり直し、日本人の心の軌跡を描き出す渾身作!

この本の目次

序 私たちはなぜ、「紅白」を見続けるのか
第1章 復興のなかの「紅白歌合戦」(敗戦ショックと「紅白」の誕生
歌う女たち―占領期の歌謡曲
都会のムードと望郷の思い―高度経済成長期の歌謡曲
「紅白」が「国民的番組」となるとき
マイホームと故郷のあいだで―永六輔の登場
一九六三年「紅白」の高揚―テレビが作り出す“日本”)
第2章 豊かさのなかの「紅白歌合戦」(勝利するテレビと美空ひばりの“落選”
新しい音楽と“脱‐安住の地”―フォーク、ロック、ニューミュージックの台頭
歌謡曲のニューウエーブ―「一億総中流」時代の心象風景
「紅白」というホームドラマ
「熱愛」と「引退」―ワイドショー化する「紅白」
転換期の「紅白」―『熱き心に』と歌謡曲の衰退)
第3章 喪失と再生―八〇年代後半‐二〇〇〇年代の「紅白」(「紅白」生中継が映す“日本”―長渕剛、中島みゆき、そして戦後史
「ホームレス」であるということ―Jポップと分散化するコミュニティ
“安住の地”の未来形―アニソンと初音ミク
童謡が「紅白」トリとなるとき
遊び場となった「紅白」―パロディと乱入ゲーム
アイドルという希望―キャラクターの時代とSMAP)
終章 3・11以後の

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可