童謡の百年 ─なぜ「心のふるさと」になったのか

井手口 彰典

心にしみる曲と歌詞。兎を追った山、小川の岸のすみれやれんげ。まぶたに浮かぶ日本の原風景。童謡誕生百年。そのイメージはどうに変化し、受容されてきたのか。

童謡の百年 ─なぜ「心のふるさと」になったのか
  • シリーズ:
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0395
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2018/02/14
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-01664-5
  • JANコード:9784480016645
井手口 彰典
井手口 彰典

イデグチ アキノリ

1978年、広島市生まれ。大阪大学大学院文学研究科を修了、博士(文学)。鹿児島大学福祉社会学部講師を経て2013年より立教大学社会学部准教授。専門は音楽社会学。単著に『ネットワーク・ミュージッキング』(2009年、勁草書房、第25回「テレコム社会科学賞」奨励賞)『同人音楽とその周辺』(2012年、青弓社)がある。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可