「見たこともないような美しく冷酷なものに、からめとられる」
――川上弘美(解説)

氷が全世界を覆いつくそうとしていた。私は少女の行方を必死に探し求める。恐ろしくも美しい終末のヴィジョンで読者を魅了した伝説的名作。

氷
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体900円+税
  • Cコード:0197
  • 整理番号:か-67-1
  • 刊行日: 2015/03/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-43250-6
  • JANコード:9784480432506
アンナ・カヴァン
アンナ・カヴァン

アンナ・カヴァン

イギリスの作家。1901年、フランスのカンヌ生まれ。ヘレン・ファーガソン名義で長篇数作を発表後、『アサイラム・ピース』(40)からアンナ・カヴァンと改名。不安定な精神状態を抱え、ヘロインを常用しながら、不穏な緊迫感に満ちた先鋭的作品を書き続ける。世界の終末を描いた傑作『氷』(67)で注目を集めたが、翌68年に死去。

山田 和子
山田 和子

ヤマダ カズコ

1951年生まれ。翻訳家・編集者。訳書にアンナ・カヴァン『氷』(ちくま文庫)、ポール・コリンズ『バンヴァードの阿房宮』(白水社)、P・K・ディック『時は乱れて』『シミュラクラ』(ハヤカワ文庫)、J・G・バラード『太陽の帝国』(創元SF文庫)などがある。

この本の内容

異常な寒波のなか、私は少女の家へと車を走らせた。地球規模の気候変動により、氷が全世界を覆いつくそうとしていた。やがて姿を消した少女を追って某国に潜入した私は、要塞のような“高い館”で絶対的な力を振るう長官と対峙するが…。迫り来る氷の壁、地上に蔓延する略奪と殺戮。恐ろしくも美しい終末のヴィジョンで、世界中に冷たい熱狂を引き起こした伝説的名作。

読者の感想

2015.4.15 芳さん

原作「Ice氷}は1967年に発表され、同年度ベストSF長編に挙げられていることを知った翻訳者山田和子さんが1985年、サンリオSF文庫で訳出、2008年、バジリコ株式会社から復刊、2015年、ちくま文庫から刊行されました。


翻訳者、山田和子さんのファンでしたが、何故か「氷」に辿り着くまで時間が掛かってしまいました。

翻訳者は、「カヴァンの英文はきわめて凝縮度が高い」と言っています。もったいぶった表現や、曖昧さがありません。原作者は精神内面の観察に鋭いのだろうと思います。
翻訳語の選択に細心の注意が払われていることが伺えます。そのお蔭で、強い力で、真直ぐにSFの世界に引き込まれます。
核兵器での武力侵攻があって、極地の大々的な気候変動で地球全体の温度が下がる。
作品発表から47年後の今、2015年への警告です。
寒さに震えていた少女と「私」が、「氷と死の超絶的な世界」から「逃亡できるかの様に身を寄せ合う」情景は美しいです。

新しい古典を手に入れて満足です。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可