魔女・怪物・天変地異 ─近代的精神はどこから生まれたか

黒川 正剛

ヨーロッパ中世末期、怪異現象が爆発的に増殖したのはなぜか。一方で魔女狩り、他方で驚異の部屋が作られる中、近代的思考はいかに誕生したかを探る。図版多数。

魔女・怪物・天変地異 ─近代的精神はどこから生まれたか
  • シリーズ:
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0322
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2018/08/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-01671-3
  • JANコード:9784480016713
黒川 正剛
黒川 正剛

クロカワ マサタケ

1970年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。博士(学術、東京大学)。現在、太成学院大学人間学部教授。専門は西欧中・近世史、宗教史。著書に『図説 魔女狩り』(河出書房新社)、『魔女とメランコリー』(新評論)、『魔女狩り─西欧の三つの近代化』(講談社選書メチエ)、訳書にバーストウ『魔女狩りという狂気』(創元社)などがある。

この本の内容

ヨーロッパ中世末期。魔女狩りが激烈をきわめる中、各地で怪物、凶兆、天罰等々、怪異現象が大増殖した。前代未聞の規模で押し寄せる「異なるもの」に対して、人々は恐れおののきながらも、その異形に魅せられていく。畏怖と好奇心の交錯するなかから、いかにして近代的精神は立ち現れてくるのか。そこにどのような人間的本性が見えてくるのか―。ヨーロッパ中世怪異を丹念にたどり、近代的思考の誕生を切り出す。

この本の目次

第1章 近世以前の驚異と好奇心(天変地異と奇形の誕生
「前兆としての驚異」説の祖キケロ ほか)
第2章 大航海時代の幕開けと驚異の増殖(世界地図に対するあらたな認識
新種の植物の発見と植物誌の発展 ほか)
第3章 氾濫する宗教改革時代の怪物と驚異(「修道士仔牛」と「教皇驢馬」
カトリックの怪物解釈―宗派論争 ほか)
第4章 「魔女と好奇心」、そして近代的精神の成立(ファウストの実像
ファウスト伝説 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可