いにしえの恋歌 ─和歌と漢詩の世界

彭丹

中国生まれ、日本在住の比較文学研究者が「恋の歌」を入口に、和歌と漢詩の豊穣な世界を逍遥し、その違いを考え、古代の日本と中国に生きた人々の心に迫る。

いにしえの恋歌 ─和歌と漢詩の世界
  • シリーズ:
  • 定価:本体1,600円+税
  • Cコード:0390
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2018/10/11
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-01673-7
  • JANコード:9784480016737
彭丹
彭丹

ホウタン

1971年生まれ。日中比較文化・比較文学研究者。法政大学国際日本学研究所客員学術研究員、同大学社会学部講師。建長寺研究員。四川大学で日本文学を学び、中国で航空会社に勤めたあと日本留学。東京学芸大学大学院にて修士号、法政大学大学院にて博士号を取得。著書に『中国と茶碗と日本と』(小学館)、『唐物と日本のわび』(淡交新書)がある。

この本の内容

和歌と漢詩。古代東アジアに誕生した二つの傑出した言語芸術は、それぞれ共通点を持ちながらも、独自の世界をつくりあげてきた。本書は、両者の「恋歌」を入口に、その豊穣な世界を逍遙し、魅力を語る。そして古代の日本と中国に生きた人々の心情と運命に迫る。日中の文化をともによく知る気鋭の比較文学者による、渾身の一冊。

この本の目次

第1章 若菜―風と花と月(「関雎」の恋
「籠もよみ籠持ち」の恋 ほか)
第2章 恋の声―無声の声(文字の声
琴の声 ほか)
第3章 秘すれば恋―真々假々(忍ぶ恋
神女に恋する ほか)
第4章 恋と宇宙―水遠と刹那(深閨の恋
脱出 ほか)
第5章 恋の終焉―もののあはれと雅怨(雅と悲
もののあはれの悲と雅 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可