内村鑑三 ─その聖書読解と危機の時代

関根 清三

戦争と震災。この二つの危機に対し、内村はどう臨んだか。聖書学の視点からその聖書読解と現実との関係、現代的射程を問う畢生の書。

内村鑑三 ─その聖書読解と危機の時代
  • シリーズ:
  • 定価:本体1,800円+税
  • Cコード:0316
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2019/03/12
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:384
  • ISBN:978-4-480-01678-2
  • JANコード:9784480016782
関根 清三
関根 清三

セキネ セイゾウ

一九五〇年、東京生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科倫理学専攻博士課程修了。東京大学より博士(文学)、ミュンヘン大学よりDr.Theol.。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授を経て、現在、聖学院大学特任教授。東京大学名誉教授。ウィーン大学・放送大学などで客員教授を務める。専門は、旧約聖書学・倫理学。主要著訳書に『旧約における超越と象徴』(和辻哲郎文化賞、日本学士院賞受賞)『ギリシア・ヘブライの倫理思想』(ともに、東京大学出版会)、『旧約聖書の思想』『旧約聖書と哲学』『イザヤ書』『エレミヤ書』(いずれも、岩波書店)、『倫理の探索』(中公新書)、Philosophical Interpretations of the Old Testament, de Gruyterがある。

この本の内容

戦争と震災。この二つの危機に対し、内村鑑三はどのように立ち向かったのか。彼の戦争論はいかに変転し、震災論はどこへ行きついたか。本書は、聖書学の視点から、内村の聖書研究に基づく現実との格闘を、厖大な文章や数々の足跡に寄り添いながら追っていく。そこから浮き上がる思想的可能性と現代的射程とはいかなるものか。近代日本を代表するキリスト者の地歩を明らかにした、碩学畢生の書。

この本の目次

序章 義についての語り口(美と義
日本文学批判 ほか)
第1章 生涯―二つのJのために(二つのJ
Japan―武士道に接ぎ木されたキリスト教 ほか)
第2章 新約聖書読解と戦争論(日清戦争の義戦論
福音書読解 ほか)
第3章 旧約聖書読解と震災論(大震災の年の夏の日記から
モーセ五書読解 ほか)
終章 本書全体の結びに(卑小にして偉大
いま内村を読むことは ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可