プロ野球VS.オリンピック ─幻の東京五輪とベーブ・ルース監督計画

山際 康之

幻となった昭和15年の東京五輪と草創期の職業野球で、なぜ選手の争奪戦が繰り広げられたのか。未知の世界に飛び込んだ若者と、球団創立に奔走した人々を描く。

プロ野球VS.オリンピック ─幻の東京五輪とベーブ・ルース監督計画
  • シリーズ:
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0375
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2020/04/14
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-01697-3
  • JANコード:9784480016973

この本の内容

一九三一年、東京六大学対全米選抜の日米野球が成功すると、読売新聞社長の正力松太郎は三六年からのプロ野球発足を決意。同じ頃、ベルリン五輪での野球競技が決まり、アメリカはベーブ・ルースを代表監督にすると発表。さらに東京が五輪開催に名乗りをあげ、選手たちが五輪出場かプロ野球かで悩むなか、各球団による争奪戦が始まる。沢村栄治ら有望な若者はいかなる運命の選択をしたか。プロ野球草創期の秘話を掘り起こす。

この本の目次

第1章 プロとアマ(代表選手
学生野球の壁 ほか)
第2章 密かな交渉(交渉リスト
名義貸し ほか)
第3章 争奪戦はじまる(季節外れの卒業式
憧れの投手 ほか)
第4章 あの手この手(激戦区広島
洋家具売場の店員 ほか)
第5章 選択の行方(職業野球連盟発足
絶縁宣言 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可