いま、子を育てること

毛利 子来

町の小児科医として「子を育てること」を深く考えつづけてきた著者が、親と子の自由を願って、若いお母さんに語る、体験的育児論。

いま、子を育てること
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体560円+税
  • Cコード:0136
  • 整理番号:も-1-2
  • 刊行日: 1986/06/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ISBN:4-480-02058-6
  • JANコード:9784480020581
毛利 子来
毛利 子来

モウリ タネキ

1929年生まれ。小児科医。雑誌「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」(ジャパンマシニスト社)の編集代表。子育てについて「何がだいじなことか」を広めていく啓蒙活動に力を注いでいる。著書に『育育児典』(岩波書店)、『健康のためなら死んでもいいのか?』(金曜日・幕内秀夫氏との共著)、『子育ての迷い解決法 10の知恵』(集英社新書)、『たぬき先生のゲンコ―子ども医者「日本の阿Q」を叱る』(金曜日)等多数。

この本の内容

“子どもの問題は、おとなの生き方と、恐ろしいほど深いところでつながっている”と考える著者が、自分史を重ねて綴る、人間味あふれる育児論。生活環境が大きく変ったいま、診察室のなかだけでは子どもの病気を治せないと、自ら青空保育の実践にとりくみ、子を育てる意味を、思いをこめてとらえなおす。

この本の目次

1 わが子とわたし
2 町の小児科医として
3 保育にかかわってから
4 「おひさまの会」を始めて
5 子育てへの回帰
6 子を育てることの意味

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可