わたしのメルヘン散歩

矢川 澄子

『ハイジ』や『若草物語』『アリス』など、珠玉のメルヘンを紡いだ作者たちの心をたずねて、みずみずしい感性で綴る世界のメルヘン案内。
【解説: 荒俣宏 】

わたしのメルヘン散歩
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体680円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:や-3-1
  • 刊行日: 1987/01/27
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:4-480-02109-4
  • JANコード:9784480021090
矢川 澄子
矢川 澄子

ヤガワ スミコ

(1930-2002)東京生まれ。作家・詩人・翻訳家。東京女子大学英文科を卒業後、学習院大学独文科在学中に同人誌『未定』に参加。59年、仏文学者で作家の澁澤龍彦と結婚し、仕事の協力者として活躍するが68年には離婚。以後も、文学活動に従事。小説に『架空の庭』『失われた庭』、詩集に『ことばの国のアリス』、エッセイに『わたしのメルヘン散歩』、翻訳に『不思議の国のアリス』『ほんものの魔法使』など多数。

この本の内容

『ハイジ』や『若草物語』、『大草原の小さな家』『アリス』など、珠玉のメルヘンを紡いだすぐれた子供の本の作者たち―シュピーリ、オルコット、ワイルダー、キャロルなど、十二人の女性作家と七人の男性作家をとりあげてその創作の秘密をたずね、夢を追う子供たちの世界へ読者をいざなう香気高いメルヘン案内。

この本の目次

1 本のなかの子供(人間のための家―ローラ・インガルス・ワイルダー
物語をたべながら―エリナー・ファージョン
大人こそ神様―ヨハンナ・シュピーリ
繊細さということ―ケート・グリーナウェイ ほか)
2 夢を追う子ら(失われたフロンティア―マーク・トウェイン
Life is but a dream…―ルイス・キャロル
勝ちほこるボジーたち―オスカー・ワイルド
どこで断念すべきか―ジュール・ヴェルヌ ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可