心の危機をみつめて ─精神医学の立場から

心はなぜ病むのだろうか。精神科臨床医として豊富な症例をもとに、激しい現代社会の動きをみつめつつ、心の危機の諸相をさぐる。

心の危機をみつめて ─精神医学の立場から
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体359円+税
  • Cコード:0111
  • 整理番号:ひ-1-1
  • 刊行日: 1987/04/23
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-02124-8
  • JANコード:9784480021243

この本の内容

人の心はなぜ病み、危機に陥るのだろうか。人間の心の構造とは、どのようなものなのだろうか。精神科の臨床医として豊富な経験をもつ著者が、具体的な症例をもとに心の危機の諸相を分析する。

この本の目次

第1章 心とはないか
第2章 心が危機に陥るとき―臨床例から考える
第3章 感情の世界―記憶と観念を狂わすもの
第4章 心の構造をたずねて
第5章 「現代人」の心の構造

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可