安曇野 第二部

臼井 吉見

相馬夫妻のまわりに集う多彩な登場人物によって織りなされるドラマを、多面的な角度から展開し、揺れ動く明治40年代を捉える。

安曇野 第二部
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体951円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:う-2-3
  • 刊行日: 1987/05/27
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ISBN:4-480-02132-9
  • JANコード:9784480021328

この本の内容

信州安曇野に結ばれた相馬愛蔵・黒光夫妻、木下尚江、井口喜源治、荻原守衛ほか、平民社、パンの会などの多彩な登場人物によって織りなされる壮大なドラマを、きわめて多面的な角度から展開し、揺れ動く明治40年代の姿を鋭く把えた力作。苦悶と相剋のうちに鮮烈な生涯を閉じた天才彫刻家、碌山荻原守衛の死までを描く。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可