あの世からのことづて ─私の遠野物語

松谷 みよ子

あの世とこの世の境で引き返した人の話、火の玉の案内で命拾いした人の話などなど。現代に生まれ続ける民話を聞き集めた62篇。

あの世からのことづて ─私の遠野物語
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体340円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:ま-8-1
  • 刊行日: 1988/10/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-02267-8
  • JANコード:9784480022677
松谷 みよ子
松谷 みよ子

マツタニ ミヨコ

1926年東京に生まれる。作家。「びわの実学校」同人。坪田譲治に師事。『龍の子太郎』で国際アンデルセン賞優良賞受賞。『ちいさいモモちゃん』で野間児童文芸賞を受賞。『あの世からの火』(小学館文学賞)、『現代の民話』『松谷みよ子の本』(全10巻 巌谷小波賞)『あの世からのことづて』他著書多数。松谷みよ子民話研究室主宰。

この本の内容

川を渡りかけ、あるいは花野に出…あの世とこの世の境で引き返した人の話、自分の死を告げに来た人の話、火の玉の案内で命拾いした人の話など62篇。現代にふつふつと生まれ続ける民話を追いかけて全国を歩く著者が身近に聞いた世にも不思議な話を収める。

この本の目次

死者からの知らせ
吹雪の夜ばなし
ヘチマ模様の浴衣の女
湯をもらいにくる
故郷へ帰る死者
寺へいく死者
洗濯屋のお婆さん
ああ、らくらくした〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可