コロンブスの卵

丸谷 才一

「こころ」を手がかりに漱石とその時代を読み、「四畳半襖の下張裁判」の特別弁護人として縦横に活躍。才知とユーモア溢れる批評集。

コロンブスの卵
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体563円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:ま-12-1
  • 刊行日: 1988/12/01
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:384
  • ISBN:4-480-02273-2
  • JANコード:9784480022738
丸谷 才一
丸谷 才一

マルヤ サイイチ

1925-2012。山形県鶴岡市生れ。小説・批評・翻訳と、幅広い分野で活躍。68年『年の残り』で芥川賞、72年『たった一人の反乱』で谷崎賞、74年『後鳥羽院』で読売文学賞、85年『忠臣藏とは何か』で野間文芸賞、88年「樹影譚」で川端康成文学賞、99年『新々百人一首』で大佛次郎賞、2001年菊池寛賞、03年『輝く日の宮』で泉鏡花賞および朝日賞、10年『若い藝術家の肖像』(ジェイムズ・ジョイス)の翻訳で読売文学賞を受賞。2011年、文化勲章を受章した。

この本の内容

『こころ』を手がかりに漱石とその時代に分け入り(「徴兵忌避者としての夏目漱石」)、ハムレットの中に出てくる小唄と彼の悲劇とのかかわりを論じ(「ハムレットの小唄」)、また「四畳半襖の下貼裁判」の特別弁護人として、古今東西の文学を論じ来たり論じ去る。博識とユーモアの織りなす、批評の楽しみを味わえる本。

この本の目次

歴史(徴兵忌避者としての夏目漱石
歴史といふ悪夢)
詩(ハムレットの小唄)
批評(退屈を教へよう
黒い鞄
詩学秘伝)
小説(夜半の狭衣
四畳半襖の下張裁判
通夜へゆく道
一双の屏風のやうに
女の小説
問はず語り
維子の兄)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可