マーク・トウェイン自伝(上)

マーク・トウェイン 著 , 勝浦 吉雄 翻訳

ハレー彗星の接近にその誕生と死を飾られた男の成功物語。上巻では、田舎町での少年時代から、金鉱熱に浮かされ西部へ渡る青春期を描き出す。

マーク・トウェイン自伝(上)
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体699円+税
  • Cコード:0123
  • 整理番号:と-7-1
  • 刊行日: 1989/12/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ISBN:4-480-02363-1
  • JANコード:9784480023636

この本の内容

ユーモアと諷刺の底にひそむ深い人間洞察、口語体を用いた自由かっ達な文体で、現代アメリカ文学に大きな影響を与えた作家マーク・トウェイン。その波乱にみちた生涯を、本人がその死後に墓の中から語るというユニークなスタイルで書かれた自叙伝。開拓時代の田舎町に生れ育ったいたずら小僧がまともに学校も出ずに自分の腕と才覚で稼ぎながら成長する。印刷工、水先案内人をへてゴールドラッシュにわくネバダで金鉱さがしに熱中するが…。

この本の目次

私の誕生は歴史上の快挙
叔父の農場と迷信深い黒人たち
叔父の農場と風変わりな内科医
田舎の学校と素晴らしい自然
父母のこととセラーズ大佐のこと
当てにならぬ父の遺産
包容力抜群の母
いたずら三昧の学校生活
熊の名演技は不発に終わる
はにかみ屋ジム・ウルフの武勇伝
催眠術の謎と母の謎
愉快なミンストレル・ショー
信頼できぬ骨相学
小学校時代の友の思い出
失恋で世をはかなんだころ
清純な乙女ローラ・ライトとその後
長兄オーリオンの気まぐれ
印刷所の住込み見習いとなる
兄の出鱈目な印刷所経営
水先案内の見習いとなる
はかない兄の栄華
百発百中成功する就職の秘訣
気乗りしない決闘
正義だけでは食えない
一躍名をあげたブレット・ハート
楽しむためのボーリングと玉突き
勇敢なジム・ギリス
聴衆を笑わせるコツ
無意識の剽窃
犬に恵んでもらった3ドル
出版をめぐるトラブル
やりくり算段の講演
朗読会あれこれ
情熱家フラーの演出
話は間のとり方が大切
最愛の妻オリヴィアとの出会い

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可