ケルトの神話 ─女神と英雄と妖精と

井村 君江

古代ヨーロッパの先住民族ケルト人が伝え残した幻想的な神話の数々。目に見えない世界を信じ、妖精たちと交流するふしぎな民族の源をたどる。

ケルトの神話 ─女神と英雄と妖精と
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体600円+税
  • Cコード:0198
  • 整理番号:い-16-1
  • 刊行日: 1990/03/27
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:4-480-02392-5
  • JANコード:9784480023926

この本の内容

神々は英雄と結婚し、英雄はまた妖精の恋人に…「幻の民」ケルトの人びとが伝え残した神話のかずかず。目に見えぬ世界「常若の国」や、目に見えぬ種族・妖精たちの存在を信じていたケルトの人びとの想いが今に甦える。ケルト文化の理解に欠かせない1冊。

この本の目次

1 「天地創造神話」のない神話(地下から来た神々
国造りを見た男トァンの話)
2 ダーナ神族の神話(ダーナの神々
ダーナ神族と妖精と常若の国
トゥレン3兄弟の試練の旅
かゆ好きの神ダグダ
愛の神オィングスの夢
蝶になったエーディン
白鳥になったリールの子 ほか)
3 アルスター神話(赤枝の戦士たち
光の神ルーの子ク・ホリン
悲しみのディアドラ)
4 フィアナ神話(フィンとフィアナ騎士団
フィンと妖精サヴァ
妖精にたのまれた戦い
ディルムッドとグラーニャの恋 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可