柳田國男全集22

柳田 國男

国語教育の現状を憂い、本当の国語の愛護を唱える『国語の将来』。わらべ唄や遊戯から祖先の思想と生活を探る『小さき者の声』他。

柳田國男全集22
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0139
  • 整理番号:や-6-22
  • 刊行日: 1990/08/28
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ISBN:4-480-02422-0
  • JANコード:9784480024220
柳田 國男
柳田 國男

ヤナギタ クニオ

(1875−1962)兵庫県に生まれる。幼少年期より文学的才能に恵まれ、短歌、抒情詩を発表。東京帝国大学を卒業後、農商務省、貴族院勤務を経て、朝日新聞社に入社。勤務の傍ら全国各地を旅行し、民俗学への関心を深める。1909年、日本初の民俗誌『後狩詞記』を発表、以後『遠野物語』から晩年の『海上の道』に至るまで多大な業績を遺す。

この本の内容

明治以降の国語教育の現状を憂慮し、日本人の将来の健全な言語表現を願って綴られた感銘深い名著『国語の将来』。子どもの持つ創造力とその文化に潜む隠れた意味に着目し、わらべ歌や遊戯などの分析を通じて、われわれの遠い祖先の生活と思想を解き明かす『小さき者の声』。美しい言葉への感覚を養い、新しい言葉をつくり選ぶ力を向上させることの大切さを少年少女に説く『少年と国語』ほか、『方言と昔』などを収録。常民の生活の中で行なわれてきた昔の国語教育からなにをくみとるべきか、本当の国語の愛護とはなにかを問いかける諸篇。

この本の目次

国語の将来
方言と昔
小さき者の声
少年と国語
喜談日録
幼言葉分類の試み
村荘閑話

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可