柳田國男全集27

柳田 國男

郷土研究の理念と方法を論じた『郷土誌論』。青年に向けて、新しい〈学問のすすめ〉を説く講演集『青年と学問』。『北小浦民俗誌』他。

柳田國男全集27
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0139
  • 整理番号:や-6-27
  • 刊行日: 1990/12/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ISBN:4-480-02427-1
  • JANコード:9784480024275
柳田 國男
柳田 國男

ヤナギタ クニオ

(1875−1962)兵庫県に生まれる。幼少年期より文学的才能に恵まれ、短歌、抒情詩を発表。東京帝国大学を卒業後、農商務省、貴族院勤務を経て、朝日新聞社に入社。勤務の傍ら全国各地を旅行し、民俗学への関心を深める。1909年、日本初の民俗誌『後狩詞記』を発表、以後『遠野物語』から晩年の『海上の道』に至るまで多大な業績を遺す。

この本の内容

大正二年、雑誌「郷土研究」を創刊し、本格的に民俗学研究への道を歩みはじめた柳田国男が、各地の郷土誌編纂者に対して、郷土研究の理念と方法を誌上で提示した『郷土誌論』。名もなき平民の立場に立って、自ら問い、答えを求めよと説く新しい学問のすすめ『青年と学問』。地方に住む青年や教員、研究者に向けて行なった十篇の講演を集めたものであり、柳田の胸中にあたためられた学問のテーマ、学問のあるべき姿が情熱を傾けて語られている。他に愛弟子倉田一郎の調査をもとに柳田がまとめた佐渡の漁村の民俗誌『北小浦民俗誌』を収録。

この本の目次

郷土誌論
青年と学問
北小浦民俗誌
『郷土研究』の休刊
東北と郷土研究
郷土科学について
実験の史学
平凡と非凡
比較民俗学の問題

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可