魯迅文集 3

竹内 好 翻訳 , 魯迅

『新青年』誌の「随感録」欄に発表された短文、 民国以来のもっとも暗黒なる日 に書かれた「花なきバラ」など、北京時代の評論を収める。

魯迅文集 3
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0197
  • 整理番号:ろ-2-3
  • 刊行日: 1991/05/28
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:480
  • ISBN:978-4-480-02553-1
  • JANコード:9784480025531

この本の内容

“民国以来のもっとも暗黒なる日”に書かれた「花なきバラ」など、北京時代の評論を収める。

この本の目次

評論(わが節烈観
随感録抄
子の父としていま何をするか
『ある青年の夢』訳者序および後記
「三浦右衛門の最後」訳後付記
知識は罪悪
「もってその晦渋を震わす」
わらべ歌の「反動」
批評家への希望
ノラは家出してからどうなったか ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可