魯迅文集 6

魯迅 著 , 竹内 好 翻訳

日本の中国侵略が進むなかで行なわれた文学論争関係の文章など、政治変革期における文学者像を明確に示す、魯迅晩年の評論を収める。全巻完結。

魯迅文集 6
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,400円+税
  • Cコード:0198
  • 整理番号:ろ-2-6
  • 刊行日: 1991/08/22
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:432
  • ISBN:978-4-480-02556-2
  • JANコード:9784480025562

この本の内容

抗日統一戦線の組織をめぐる大論争で抵抗運動に筋金を通した、魯迅の姿勢・態度を浮彫りにする一冊。全巻完結。

この本の目次

評論 1934年7月‐1936年10月(韋素園君を憶う
子どもの写真のことから
門外文談
「肉の味を知らず」と「水の味を知らず」と
「面子」について
運命
「戯」編集部への返信
「戯」編集部へ
中国文壇の亡霊
病後雑談
病後雑談の余
『集外集』序言
阿金
俗人は風雅の士を避けるべし
『生ける支那の姿』序
諷刺について
「文人は軽蔑し合う」 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可