兄のトランク

宮沢 清六

兄・宮沢賢治の生と死をそのかたわらでみつめ、兄の死後も烈しい空襲や散佚から遺稿類を守りぬいてきた実弟が綴る、初のエッセイ集。

兄のトランク
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体760円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:み-12-1
  • 刊行日: 1991/12/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:4-480-02574-X
  • JANコード:9784480025746

この本の内容

短い生涯を流星のように駆けぬけた兄・宮沢賢治の生と死をそのかたわらで見つめ、兄の死後も烈しい空襲や散佚から遺稿類を守りぬいてきた実弟による初めての文集。昭和14年に変名で発表した幻の詩論「『春と修羅』への独白」をはじめ、45年の長きにわたって発表しつづけてきた兄の想い出や作品についてのエッセーを収録。文庫化に当たり新たに二篇を加え、決定版とした。

この本の目次

虫と星と
麓の若駒たち
曠野の饗宴
最初の手紙
映画についての断章
兄とレコード
録音に寄せて
11月3日の手紙
肥料設計と花壇設計
兄のトランク
『春と修羅』への独白
「修羅の渚」にて
「イギリス海岸」への独白
燻浄された原稿
花巻から山小屋までの高村先生
焼け残った教材絵図について
早春について
極東ビヂテリアン大会秘録
イタリヤの友より
銀河鉄道の車掌さん
賢治の世界
ナッパ先生の実験
「臨終のことば」から
兄賢治の生涯

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可