夢野久作全集 5

夢野 久作

夢と狂気のラビリンス! 作者の没後刊行された初の長篇小説「犬神博士」と続篇的モチーフで貫かれた「超人鬚野博士」を収載。
【解説: 赤坂憲雄 】

夢野久作全集 5
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体950円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:ゆ-2-5
  • 刊行日: 1991/12/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:480
  • ISBN:4-480-02675-4
  • JANコード:9784480026750

この本の内容

夢と狂気のラビリンス、作者没後刊行された初の長篇小説「犬神博士」、「超人鬚野博士」を収録。

この本の目次

犬神博士
超人鬚野博士

読者の感想

2007.9.22 佐々木 昇

 夢野久作の『近世怪人伝』のフィクションを読んでいるかのようなストーリー展開に引き込まれる内容だった。
 旅芸人であった犬神博士こと大神二瓶の半生記が綴られているが、奇想天外なストーリーと犬神博士の幼名であるチイの本音を衝いた言葉に周囲の大人が翻弄されているところがおもしろい。

 この作品の時代背景は日清、日露の戦役前だが、そこに描かれている内容は現代に置き換えても何等、変わりがない。変わりがない、ということは人間というか日本人が文明開化だ民主化、国際化だのと現代に至るまで目まぐるしく変化したかにみえて、なんら本質的には変わっていないという証拠をこの作品は炙り出している。
 非人という人権的には差別用語に類する言葉が作中に登場するが、それは言葉が変わっているだけで本質は変わらず、定住先を持たずにその日暮らしにネットカフェを転々とする「難民」が社会問題となっていることからもわかる。
 県知事閣下が権力の権化として登場するが、それは現代における地方自治体における県知事の贈収賄による逮捕が跡を絶たない現実に重なる。
 国家観をもたず、財閥の手先となって、その権力で炭鉱鉱区の争奪戦を繰りひろげる県知事閣下の姿は、国民をないがしろにして突き進む政治の世界に似てはいないだろうか。

 フィクションとしてストーリーを楽しむのも一興。夢野久作の社会風刺として社会を鳥瞰図として眺めるのも一興の作品と思える。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可