チェーホフ全集12

アントン・チェーホフ 著 , 松下 裕 翻訳

緊急重版!
村上春樹『1Q84』読んだら
これを読まずにはおられまい。
「サハリン島」全篇収録

十九世紀末のシベリアと流刑地サハリンへの数千キロの旅の記録。監獄、自然、囚人たちの生活・心理などを精査考察した異色のルポルタージュ。

チェーホフ全集12
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0197
  • 整理番号:ち-5-12
  • 刊行日: 1994/09/21
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ISBN:4-480-02812-9
  • JANコード:9784480028129
アントン・チェーホフ
アントン・チェーホフ

チェーホフ,アントン

19世紀末から20世紀初めにかけて活躍したロシアの代表的作家。ロシアの各層の人びとを広く、きめこまかに描いた多彩な小説は、時代を超えて世界中の人びとに愛され、そのドラマやヴォードヴィルは、世界の演劇界で今なお上演されつづけている。「シベリアの旅」「サハリン島」のドキュメント類も名高い。

松下 裕
松下 裕

マツシタ ユタカ

1930年生まれ。早稲田大学ロシア文学科卒業。著書に『チェーホフの光と影』『ロシアの十大作家』ほか、訳書に『チェーホフ全集』全12巻『チェーホフ・ユモレスカ』全3巻、『チェーホフ短篇集』ほか。

この本の内容

1890年、シベリアと流刑地サハリンを訪ね、自然や囚人たちの生活・心理等を精査考察した異色のドキュメント。

読者の感想

2009.7.26 K・I

『1Q84』を読んで、「サハリン島」に興味を持った。もともとチェーホフは好きだったのだが、彼がノンフィクションを書いていることは知らなかった。
他社からも「サハリン島」がいくつか出版されているが、本屋で読み比べると、断然このちくま文庫の松下裕訳が読みやすい。

読み終わってみて、上質のルポルタージュを読んだという興奮を覚えた。本文の中に注が組み入れられているのも読みやすくてよい。
「サハリン島」を読むなら、このちくま文庫版が断然おすすめである。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可