萩原朔太郎の人生読本

萩原 朔太郎

「この美しい都会を愛するのはよいことだ……」詩人の全著作中から詞華を集め、人生12ヵ月にちりばめた奇書の文庫化!

萩原朔太郎の人生読本
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体777円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:は-15-1
  • 刊行日: 1994/04/21
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:384
  • ISBN:4-480-02858-7
  • JANコード:9784480028587

この本の内容

4月―「この美しい都会を愛するのはよいことだ…すべてのやさしい女等をもとめるために…この都にきて賑やかな街路を通るのはよいことだ…」(青猫)。抒情詩、散文詩、アフォリズムやエッセイ等全著者中から詩人の詞華を抜萃し、テーマ別に大別、これを1月12カ月の人生の季節にちりばめた珍しい一冊。辻野久憲編集になる、久しく埋もれていた希書がいま蘇える。

この本の目次

新年、師に帰れ・詩に帰れ
どこに詩があるか
草の茎
覚醒の前に
思想以前のもの
春の芽生
韻律の魔力
文章語
青猫
偉大なる教師たち
家族主義の悲劇
封建制の幽霊
楽天的自然主義と悲観的自然主義
恋歌二首
エッセイの説
山居
芸術には上達がない
季節と詩心
日本の文学
記憶と人生
小出新道
文化と武士道
ニイチェの偶然論
東方の幻想
永遠の漂泊者〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可