愛の衣裳 ─感情のイコノグラフィー2

伊藤 俊治

拘束具、ラバーの服など欲望のメディアとしてのモードや、時代のネガフィルムとしての裸体イメージから身体の可能性を探る。

愛の衣裳 ─感情のイコノグラフィー2
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体757円+税
  • Cコード:0171
  • 整理番号:い-11-2
  • 刊行日: 1994/06/23
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:304
  • ISBN:4-480-02871-4
  • JANコード:9784480028716
伊藤 俊治
伊藤 俊治

イトウ トシハル

1953年生まれ。美術史家/美術評論家。現在、東京藝術大学美術学部先端芸術表現科教授。著書に『ジオラマ論』『20世紀写真史』など多数ある。

この本の内容

拘束具、ラバーなど欲望を表わすメディアとしてのモード。時代をうつし出すネガフィルムとしての裸体。これらを手掛かりに、クロソウスキー、イオネスコ、ピカビア、アウターブリッジらの写真、絵を読み解く。視覚からではなく皮膚感覚や内部感覚から身体の位相を探り、性愛や社会の変化を模索する。気鋭による刺激的な裸体論。

この本の目次

拘束のモルフォロジー―打つ身体、打たれる身体
金属と色彩のエロス―ポウル・アウターブリッジの世界
踊る脚の奇跡―ピエール・モリニエのプライヴェート・フィルム
聖なる欲動―ピエール・クロソウスキーの世界
匿名の肉体、匿名の空間
鏡の性のバロック―イリナ・イオネスコの世界
愛の衣裳
裸体と衣裳―衣裳からメディアへ
身体映像の澱―フランシス・ピカビアの肉体絵画
現実という衣裳、身体というモード

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可