森鴎外全集 8 ─伊沢蘭軒下

森 鴎外

蘭軒の死去を伝えた後、作家の筆は、その遺子や周辺の人々を列伝風に描きつつ、養孫棠軒にまで及ぶ。幕末維新史の一断面。
【解説: 田中美代子 】

森鴎外全集 8 ─伊沢蘭軒下
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,068円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:も-8-10
  • 刊行日: 1996/05/23
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ISBN:4-480-02928-1
  • JANコード:9784480029287

この本の内容

蘭軒の死去を伝えた後、作家の筆はさらにその遺子榛軒柏軒兄弟の事蹟を尋ねつつ、養孫棠軒にまで及ぶ。激動する幕末・維新期の雄大かつ精細を極めた一断面史完結篇。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可