女の人生すごろく

小倉 千加子

思春期→おつきあい→OL→結婚、で「あがり」? 抱腹絶倒のうちに、次々と明かされていく女の人生。西原理恵子さんとの語り下ろし対談付き。

女の人生すごろく
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体560円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:お-20-1
  • 刊行日: 1994/12/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:4-480-02934-6
  • JANコード:9784480029348

この本の内容

思春期篇、おつきあい篇、OL篇、結婚篇、で「あがり」。抱腹絶倒のうちに、次々と明かされていく女の人生の真実。短大で心理学を教える著者が、女の子たちの絶望と努力を率直に伝える書。

この本の目次

春の目覚め篇(思春期の本質はごまかされている
おしつけられるイメージ
少女は否応なく挫折する)
おつきあい篇(いまどき女子大生恋愛事情
恋愛は抑圧からの逃避である
あがりの決まったすごろく)
OL篇(女子短大生就職事情
就職してはみたものの…
結婚へのドライブ)
結婚篇(母親という強制装置
恋愛か結婚か
結婚と女のマゾヒズム)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可