コスモポリタンズ

サマセット・モーム 著 , 龍口 直太郎 翻訳

舞台はヨーロッパ、アジア、南島から日本まで。故国を去って異郷に住む 国際人 の日常にひそむ事件のかずかず。珠玉の小品30篇。
【解説: 小池滋 】

コスモポリタンズ
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0197
  • 整理番号:も-12-2
  • 刊行日: 1994/12/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:384
  • ISBN:978-4-480-03002-3
  • JANコード:9784480030023
サマセット・モーム
サマセット・モーム

モーム,サマセット

1874~1965。20世紀最大の作家。聖トマス病院医学校で医師免許を得た後、文学の道に転じる。青年の苦悩と自立を描いた自伝的小説『人間の絆』は教養小説の白眉。第一次大戦では、英国政府の密命をおびて戦時下のロシアに潜入、ケレンスキー内閣支援に奔命する。『お菓子とビール』、『コスモポリタンズ』など数々の長・短編小説の傑作を残す。

この本の内容

舞台は、ヨーロッパ、アジアの両大陸から南島、横浜、神戸まで―。故国を去って異郷に住む“国際人”の日常にひそむ事件のかずかず。コスモポリタン誌に1924〜29年に連載された珠玉の小品30篇。

この本の目次

素材
弁護士メイヒュー
隠者ハリー
幸福者

異国の土
ランチ
漁夫の子サルヴァトーレ
生家
物識先生
家探し
困ったときの友
ある紳士の自画像
落ち行くさき
審判の座
蟻とキリギリス
フランス人ジョウ
傷痕のある男
詩人
ルイーズ
店じまい
約束
真珠の首飾り
物もらい
ストレート・フラッシュ
会堂守り
洗濯盥
社交意識
四人のオランダ人

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可