セックス神話解体新書

小倉 千加子

これでどうだ{!} 小気味いいほど鮮やかに打ち砕かれていく性の神話の数々。これ一冊であなたのフェミニズムに対する疑問は氷解する。
【解説: 柏木恵子 】

セックス神話解体新書
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体600円+税
  • Cコード:0136
  • 整理番号:お-20-2
  • 刊行日: 1995/09/21
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:4-480-03085-9
  • JANコード:9784480030856

この本の内容

こんなに芸のあるフェミニストはいなかった―と、上野千鶴子氏を感嘆させた著者が、巷に流布する数々の性の神話を小気味いいほど見事に次々と打ち砕く。これまでになく根源的なフェミニズム登場、として発売と同時に話題となった処女作、待望の文庫化。著者曰く―「毒は吐ききらねばなりません」。

この本の目次

序章 性を語るのはなぜタブーなのか?
第1章 夫婦間に強姦は成り立つか?
第2章 性はなぜ商品化されるか?
第3章 女性は穢れているか?
第4章 「金曜日の妻たち」はどこへ行く?
第5章 性欲は本能か?
第6章 性教育のコードを解体する
第7章 「女性的なるもの」の起源を探る
第8章 性差論争の本質とは何か?

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可