パブロ・カザルス 鳥の歌

ジュリアン・ウェッバー 著 , 池田 香代子 翻訳

音楽性はもとより、人格の高潔さによっても世界のファンを魅了したカザルス。自身の言葉と同時代の人々の証言から伝説の音楽家の素顔が甦る。

パブロ・カザルス 鳥の歌
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体860円+税
  • Cコード:0173
  • 整理番号:う-16-1
  • 刊行日: 1996/09/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-03188-4
  • JANコード:9784480031884

この本の内容

カタロニアが生んだ不世出のチェリスト、カザルス!彼自身の言葉と同時代の人々の証言から、音楽性はもとより、人格の高潔さによっても世界のファンを魅了した「魂の音楽家」の素顔がよみがえる―バッハ、若かりし頃、直感と解釈、母など全18項目にわたる興味尽きない言葉の数々。

この本の目次

コンサート
演奏と緊張
チェロ
若かりしころ

演奏家が見たカザルス
オーケストラ
指揮者として
カザルスと批評家たち
バッハ〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可