江戸川乱歩全短篇 3 ─怪奇幻想

江戸川 乱歩 著 , 日下 三蔵 編集

「私の妙な趣味が書かせた謂わば変格的な探偵小説」と作者自らが語る22篇。「赤い部屋」「人間椅子」「芋虫」「百面相役者」「覆面の舞踏者」他。

江戸川乱歩全短篇 3 ─怪奇幻想
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:え-7-4
  • 刊行日: 1998/07/23
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:576
  • ISBN:4-480-03413-7
  • JANコード:9784480034137
江戸川 乱歩
江戸川 乱歩

エドガワ ランポ

1894-1965。本名平井太郎。三重県名張の生まれ。早稲田の学生時代に英米の推理小説を耽読。卒業後、会社員、古本屋、新聞記者など職業を転々としたのち、大正12年(1923)、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」を発表。筆名はエドガー・アラン・ポーにちなむ。ほかに「心理試験」「屋根裏の散歩者」「押絵と旅する男」、内外の推理小説を論じた「幻影城」など。

この本の内容

猟奇と妖異を卓抜な着想で織りあげた探偵小説22篇。

この本の目次

赤い部屋
人間椅子
芋虫
百面相役者
覆面の舞踏者
一人二役
お勢登場
木馬は廻る
毒草
白昼夢
火星の運河
空気男
悪霊

防空壕
押絵と旅する男
目羅博士
双生児
踊る一寸法師
人でなしの恋
鏡地獄

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可