三国志 きらめく群像

高島 俊男

曹操、劉備をはじめ、彼らをめぐる勇士傑物、女性たちなど、あまたの人物像に沿って描く「三国志」(正史)の世界。現在望みうる最良の案内書。

三国志 きらめく群像
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0122
  • 整理番号:た-37-1
  • 刊行日: 2000/11/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:448
  • ISBN:4-480-03603-2
  • JANコード:9784480036032
高島 俊男
高島 俊男

タカシマ トシオ

1937年生れ、兵庫県相生市出身。東京大学大学院修了。中国文学専攻。本書で第11回講談社エッセイ賞受賞。長年にわたり「週刊文春」で「お言葉ですが」を連載。主な著書に『中国の大盗賊・完全版』『漢字雑談』『漢字と日本語』(講談社現代新書)、『お言葉ですが』シリーズ(文春文庫、連合出版)、『水滸伝の世界』『三国志きらめく群像』『漱石の夏やすみ』『水滸伝と日本人』『しくじった皇帝たち』(ちくま文庫)等がある。

この本の内容

三国志の四大スター(曹操、孫権、劉備、諸葛亮)を始めとして彼らをめぐる勇士傑物、女性たちなど正史「三国志」の主要な登場人物を縦横に語り尽くす。「本読みの達人」による最良の「三国志」案内。

この本の目次

正史『三国志』の話
1 混沌のはじまり
2 曹操をめぐる勇士傑物
3 北方の勇者たち
4 献帝とその周辺
5 荊州の人々
6 西方の暴れ者
7 孫権の家臣
8 劉備の配下
9 益州・漢中の人たち
10 女たち
11 四大スター

読者の感想

2007.7.27 バンブーロッド

三国志関係の本を色々読み始めましたが、史実に迫りたくなって購入した本の一つです。筑摩版三国志演義は読了。三国志正史との並行読書でした。高島先生の簡単明快で、時には独断的な解説も楽しめました。膨大な中国資料からの解説は説得力あります。
また中国に旅したくなりました。

繰り返し読みたくなる本の一つです。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可