ふるさと隅田川

幸田 文 著 , 金井 景子 編集

水に育まれ、人生の節目に水音をいつも身近に聴きながら、その計り知れない力の様態を問い続けた幸田文。「水の風景」を主としたアンソロジー。

ふるさと隅田川
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体640円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:こ-20-1
  • 刊行日: 2001/01/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-03614-8
  • JANコード:9784480036148
幸田 文
幸田 文

コウダ アヤ

1904-1990。東京向島の生まれ。父露伴より家事、身辺にわたりきびしい躾をうける。24歳のとき嫁いだが10年後に離婚。実家にもどり晩年の父をみる。その死を述べた「終焉」「葬送の記」で文壇に登場。つづいて「こんなこと」「みそっかす」。ほかに長編「流れる」「勲章」「笛」など。ジャーナリズムと隔たりをとり、みずからの足跡に刻むようにして文筆をつづけた。

この本の内容

幸田文は人生に三度、隅田川のほとりに暮らした。最初は、生まれてから二十歳まで向島で、次に嫁ぎ先の新川で、そして作家になってから休筆して赴いた柳橋である。日々の暮らし、また重要な転機の折々に、川は彼女を育み、癒し、励ました。「川すじの思い」「水辺行事」「船内屋さん」など、隅田川を主に、「水の風景」をテーマにしたセレクションである。

この本の目次

第1章 育む水(川すじの思い
川と山のにおい
地がね
川のほとけさま
用という字
蜜柑の花まで

川すじ
流れる)
第2章 暮らしの水(水辺行事
廃園
蓮地のふるさと
みずばち
船内屋さん
あだな
ゆうだち
湿地)
第3章 海への憧れ(夕日と〓@6ED8@
鯨とり
濡れた男)
第4章 暴ぶる水(二百十日
川の家具
地しばりの思い出
鳴戸観潮
水の力
崩壊雑談
そのあと)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可