三国志演義 1

井波 律子 翻訳

後漢末の乱世、劉備・関羽・張飛が、桃園で義兄弟の契りを結ぶところから始まり、曹操・孫堅など第一世代の主要メンバーがほとんど顔を揃える。

三国志演義 1
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体900円+税
  • Cコード:0197
  • 整理番号:さ-19-1
  • 刊行日: 2002/10/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:432
  • ISBN:4-480-03731-4
  • JANコード:9784480037312

この本の内容

『三国志演義』は、後漢王朝崩壊後、約四百年に及ぶ乱世への大いなる開幕の季節を背景として、魏・蜀・呉の三国鼎立の覇権闘争を中核に、群雄たちが智力と武力を賭け、しのぎを削って争う過程を、ダイナミックな息遣いと快適なリズムで描く。第1巻は、劉備・関羽・張飛が桃園で義兄弟の契りを結ぶところから物語が動き始め、曹操・呂布ら第一世代の主要メンバーがここでほとんど顔を揃える。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可