現代民話考 4 ─夢の知らせ

松谷 みよ子

ただ不思議としか言いようがない、夢の中にあらわれる死や災害や事故の予知。生と死のはざまをたゆとう火の玉。人間の神秘と深淵をさぐる。

現代民話考 4 ─夢の知らせ
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0139
  • 整理番号:ま-8-5
  • 刊行日: 2003/07/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:448
  • ISBN:4-480-03814-0
  • JANコード:9784480038142
松谷 みよ子
松谷 みよ子

マツタニ ミヨコ

1926年東京に生まれる。作家。「びわの実学校」同人。坪田譲治に師事。『龍の子太郎』で国際アンデルセン賞優良賞受賞。『ちいさいモモちゃん』で野間児童文芸賞を受賞。『あの世からの火』(小学館文学賞)、『現代の民話』『松谷みよ子の本』(全10巻 巌谷小波賞)『あの世からのことづて』他著書多数。松谷みよ子民話研究室主宰。

この本の内容

ただ不思議としか言いようがない。夢による死のサイン。死ぬ前に出歩く魂や、火の玉の話。全国各地に似た話がいっぱい。遠いはるかな昔から、夢は、ひとりひとりを異次元世界へ連れていく橋のようなものだった。時間・空間の枠を超え、人間の神秘と深遠を告げる一冊。

この本の目次

第1章 夢の知らせ(未来のできごとを予知する夢
夢による死の知らせ
電話がわりの夢知らせ ほか)
第2章 火の玉(死ぬ前に出た火の玉
死んだ時出た火の玉
死んだあとに出た火の玉)
第3章 ぬけ出した魂(魂が抜ける人
ぬけ出してあそぶ魂
火の玉となって ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可