現代民話考 6 ─銃後 思想弾圧 空襲 沖縄戦

松谷 みよ子

燃える、逃げる、撃たれる。未曽有の空襲の実態。銃後も戦場と化していく中で、女子供の、老人の、弱者たちのむごさが浮かび上がる証言集。

現代民話考 6 ─銃後 思想弾圧 空襲 沖縄戦
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,400円+税
  • Cコード:0139
  • 整理番号:ま-8-7
  • 刊行日: 2003/09/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:528
  • ISBN:4-480-03816-7
  • JANコード:9784480038166
松谷 みよ子
松谷 みよ子

マツタニ ミヨコ

1926年東京に生まれる。作家。「びわの実学校」同人。坪田譲治に師事。『龍の子太郎』で国際アンデルセン賞優良賞受賞。『ちいさいモモちゃん』で野間児童文芸賞を受賞。『あの世からの火』(小学館文学賞)、『現代の民話』『松谷みよ子の本』(全10巻 巌谷小波賞)『あの世からのことづて』他著書多数。松谷みよ子民話研究室主宰。

この本の内容

女も子供も、機銃掃射は容赦しなかった。撃ってくる米兵の顔をまざまざと見たという証言。未曾有の空襲の実態。広島・長崎の原爆投下。酸鼻を極めた沖縄。食糧難、配給、隣組、引揚げにまつわる話…。銃後のくらしがくっきりと浮かびあがり、庶民の心がほとばしる。

この本の目次

第1章 思想弾圧・禁止
第2章 銃後のくらし
第3章 女たちの苦労
第4章 食糧難
第5章 空襲
第6章 原爆
第7章 沖縄戦
第8章 敗戦のころ
第9章 引揚げ
第10章 夢・死の知らせ・祈り
第11章 鳥の声・涙川・爆弾池

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可