写真で見る関東大震災

小沢 健志 編集

死者一〇万人余の大惨事から立ち直り復興を遂げた東京。崩壊する建物、生き抜く人々…未公開写真を含む二五〇点の写真で伝える関東大震災。

写真で見る関東大震災
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0172
  • 整理番号:お-41-1
  • 刊行日: 2003/07/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-03861-2
  • JANコード:9784480038616
小沢 健志
小沢 健志

オザワ タケシ

1925年、東京生まれ。日本大学芸術学科卒。元・東京国立文化財研究所技官。専門は写真史研究。元・九州産業大学大学院教授、日本写真芸術学会名誉会長、日本写真協会名誉顧問。東京都歴史文化財団理事。『幕末 写真の時代』『写真で見る関東大震災』『写真 明治の戦争』など。写真史関係の著書も多い。日本写真協会功労賞、日本写真芸術学会名誉賞、日本写真家協会賞、文化庁長官表彰などを受賞。

この本の内容

大正12年(1923年)9月1日午前11時58分にマグニチュード7.9の大地震が帝都を襲った。関東大震災―死者約10万人のこの未曽有の大惨事を、ひとびとはどのように生き延びたのだろうか。瓦礫と化した銀座、倒壊した浅草十二階、バラックでさっそく商売を再開させた食堂、すぐに開設された病院や学校…東京都慰霊堂に残された未公開写真を多数含む250点が震災の被害と復興を活写する。

この本の目次

遭災地の一巡記(徳富蘇峰)
関東大震災と新聞(石黒重光)
被服廠跡と震災記念堂(木下直之)
横浜・湘南地方の関東大震災被害(林華子)
震災という「日本」をとらえるまなざし(金子隆一)
バラックの類型―今和次郎のフィールドワーク(中谷礼仁)
里見〓@4CEE@と関東大震災(武藤康史)
関東大震災と都市計画(越沢明)
流言が生んだ悲劇―朝鮮人の虐殺(山岸秀)
聞き覚えの記(小沢健志)
東京都慰霊堂のこと(西川修三)
東京というまちを守る(岡部恒雄)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可