野坂昭如エッセイ・コレクション 1 ─プレイボーイ

野坂 昭如 著 , 大庭 萱朗 編集

プレイボーイとは現代の都会に生きる「超人」のこと。気に入らない相手に牙をむき、いい女に迫る手練手管満載の過激コラム。
【解説: 川勝正幸 】

野坂昭如エッセイ・コレクション 1 ─プレイボーイ
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体820円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:の-1-2
  • 刊行日: 2004/07/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:368
  • ISBN:4-480-03975-9
  • JANコード:9784480039750

この本の内容

プレイボーイ。それはいったい何のことだと思うかね?と黒眼鏡の男が囁く。それはね、現代の都会に生きる「超人」のことなのさ。スマートに世間を泳ぎ回り、気にいらない相手には牙を剥き、いい女にぐっと迫る。そう、人生とは愉しむためにあるんだ!野坂昭如が小説家デビュー前後に執筆した過激なコラムを精選。21世紀の若者に贈る、必毒の一冊。

この本の目次

1 あんな野郎・こんな野郎(こんな野郎・あんな野郎
いじわる紳士録)
2 世の中を斜めに見る(いじわる調査
へんな野郎
色釈歳時記)
3 イヤな奴をけっとばせ!(バカな自分にオサラバの術
囚われの人生に泣く人に
強い人間になるために)
4 おんなを誘惑する(酔いっぷりも見事だったBG
唇は訓練されていたが処女だった… ほか)
5 わが闘争?(ブルーフィルムのすべて
ブルー・スターの手記 影を売った男 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可